歌の音 – wedding design – ウェディングプランナーがデザインするペーパーアイテム。”ふたりのウェディングをデザインする”がコンセプト。10年のプランナー経験を活かし、結婚式の招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムをオーダーメイドで制作しています。結婚式への"こだわり"と"心の温度"をたっぷり詰め込んだ、周りの皆も幸せ感じるあたたかいデザインをご提案します。

【ドレスコードは身勝手?】答えはNO!ドレスコードはおしゃれ見えのためだけじゃない♪

 

【ドレスコード】の指定がある結婚式に参加したことある?

 

 

【ドレスコード】を指定された結婚式に参加した経験はありますか?

 

 

日本では【ドレスコード】を指定した結婚式はあまりありません。

 

 

海外では【ドレスコード】の指定はよくあること、むしろ必ずと言って良いほどあることです。

 

 

今回は、日本では馴染みのない【ドレスコード】についてお話しします*

 

 

 

 

 

 

 

【ドレスコード】とは?

 

 

【ドレスコード】とは、着て行くお洋服のコーディネートをパーティーの雰囲気やコンセプトに合わせることです。

 

 

普段でも、カジュアルな集まり、フォーマルな集まり、集まる顔ぶれや集まる場所に合わせて、どんな服を着て行くか考えますよね。

 

 

入学式や卒業式など式典に合う雰囲気の服。

 

 

ちょっとかしこまったレストランに食事に行く時の服。

 

 

居酒屋に飲みに行く時の服。

 

 

スポーツをする時の服。

 

 

バーベキューする時の服。

 

 

キャンプや山歩きの時の服。

 

 

街歩きの服。

 

 

その日の予定に合わせて、着て行く洋服を選びます。

 

 

それと同じように、結婚式にも【ドレスコード】があります。

 

 

 

 

 

 

 

日本の結婚式【暗黙のドレスコード】

 

 

日本の結婚式には、実は指定しなくても【ドレスコード】があるのです。

 

 

固まった観念から例を挙げると…

 

 

男性は黒の礼服、白のネクタイ、ポケットチーフ、黒の紐靴。

 

 

未婚の女性は華やかな柄の振袖。

 

 

既婚の女性は黒留袖、もしくは黒のセットアップにホワイトパールのネックレス、クリアストッキング、パンプス。

 

 

【ドレスコード】を指定していなくても、実は【ドレスコード】は存在しています。

 

 

最近ではフォーマルでも華やかな色味のワンピースも増えましたし、色留袖も増え、男性のスーツもネイビーやグレーなど、選択肢が増えて、日本の固定観念の【ドレスコード】は時代遅れになってきているのではないでしょうか。

 

 

当たり前とされていた【ドレスコード】では、結婚式なのに暗い色のお洋服の方ばかりになってしまう…

 

 

そうしたイメージをしたときに【ふたりらしいドレスコード】を考えるきっかけが生まれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

結婚式の【ドレスコード】指定はわがまま?

 

 

実際に【ドレスコード】を決めたいと思った時に、皆様一度は考えることだと思います。

 

 

結婚式の【ドレスコード】を指定することは、新郎新婦のわがままでしょうか?

 

 

【ドレスコード】の指定は結婚式をおしゃれに見せたいから?

 

 

それももちろんあります。

 

 

誰だっておしゃれな結婚式を叶えたい。

 

 

でも、ふたりが本当にたいせつに思っていることって実は違って、 ゲストと一緒に過ごす、ゲストと一体となった結婚式を望んでいる からではありませんか?

 

 

その気持ちはわがままではありません。

 

 

ぜひふたりの思いをゲストに伝えて、新郎新婦 ⇔ ゲスト、ではなくて、ふたりとゲストの境界線なく。

 

 

みんな一緒に同じ時を過ごし、結婚したふたりを祝ってもらい、結婚したふたりから幸せをもらう、そんな時間を叶えてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式の【ドレスコードのお願い】を、ふたりの気持ちを添えて伝える方法

 

 

では、そのふたりのあたたかい気持ちを伝える方法について。

 

 

【ドレスコード】のお願いは、招待状に同封するのが自然です。

 

 

invitation

 

 

【ドレスコード】のお願いに、ただ色味だけでなく、ふたりの気持ちを添えて。

 

 

ふたりが望む結婚式のかたちを伝え、それに合わせた【ドレスコード】のお願いです。

 

 

ふたりの望む結婚式には必ず、招待したいゲストが存在すること、ぜひ伝えてください。

 

 

【ドレスコード】はお洋服の色そのもののほか、靴や小物など、コーディネートの一部となるアイテムのお願いも素敵です。

 

 

チェック柄やストライプ柄を取り入れた小物やお洋服。

 

 

ふたりの好きなキャラクターをイメージする色。

 

 

男性ならスーツのポケットからキャラクターをのぞかせたり、女性ならアクセサリーやハンカチなどにしのばせたり。

 

 

結婚式を一緒に楽しむアイテムのひとつにもなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【結婚式のコンセプト】を伝えて【ドレスコード】に繋げる方法

 

 

ほかには【結婚式のコンセプト】をお伝えする方法もあります。

 

 

結婚式の会場選びはどのように話し合いましたか?

 

 

その場所を選んだ理由はなんですか?

 

 

その場所で、ご招待するゲストとと過ごす時間をどのように想像しましたか?

 

 

invitation

 

 

結婚式を迎えるにあたってふたりが話し合って決めていくことには、すべてにゲストの存在があるはずです。

 

 

ゲストのことを思いふたりで悩み考え抜いたことをゲストに伝えるアイテムになると良いなと思います*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ふたりらしい結婚式】をゲストは楽しみにしています

 

 

ふたりにとって特別な一日となる結婚式。

 

 

普通に招待状を出して、普通に当日を迎えるだけではもったいない。

 

 

結婚式のアイテムにふたりの気持ちを乗せてゲストに届けたい。

 

 

そういった思いを持って、日々制作しています♡

 

 

ドレスコードに関して、究極なお話を。

 

 

一般的には、結婚式の列席者のホワイトコーディネートは、花嫁の衣装と同じ白であり失礼だと言われています。

 

 

花嫁さまは、私が特別。私と同じ白の服なんて失礼。という気持ちで結婚式でホワイトのウェディングドレスを着るのでしょうか?

 

 

義理の気持ちで結婚式に招待・列席するようなこともなくなっている今の時代、おそらくそのような気持ちは持っておられないのではないかと思います。

 

 

お祝いの気持ちと、お祝いしてもらう幸せがあふれた結婚式のはずです。

 

 

みんなと一緒に今日を過ごしたい!

この時間を一緒に作ってくれてありがとう!

今日のこと、一生忘れない!

 

 

結婚式当日はそんな幸せな気持ちでいっぱいになります!

 

 

【ドレスコード】で叶える一体感。

 

 

みんなと一緒の幸せ。

 

 

ぜひ体験していただきたいと思います。

 

 

アイテムについてはお気軽にご相談くださいませ。(^ ^)

 

 

_

 

 

ご相談はこちらから

 

 

 

 

 

Thank you.
 
wedding designer | nacco
 
 
 
 
 
 
 
 

関連情報

ウェディングデザイナーが届けるオーダーメイドのペーパーアイテム | 歌の音

歌の音 – wedding design –

”ふたりのウェディングをデザインする”
をコンセプトに
結婚式・披露宴に必須な招待状や席次表
席札、メニュー表など
" あたたかさ "が伝わる
周りの皆も幸せにする
こだわりのアイテムを
オーダーメイドで作っています。

培った10年の
ウェディングプランナーの経験を活かし、
神戸を拠点に
迷える花嫁にとって頼りになる
ウェディングデザイナーとしても活動中。
結婚式のセカンドオピニオン、
トータルデザインもご提案しています。

name 歌の音 - wedding design -
address 〒657-0013 
兵庫県神戸市灘区六甲台町 12-21-404
business hours 10:00~17:00
closed 不定休
owner name なかむら なぎさ
E-mail info@utanone.com

コメントは受け付けていません。

特集