歌の音 – wedding design – ウェディングプランナーがデザインするペーパーアイテム。”ふたりのウェディングをデザインする”がコンセプト。10年のプランナー経験を活かし、結婚式の招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムをオーダーメイドで制作しています。結婚式への"こだわり"と"心の温度"をたっぷり詰め込んだ、周りの皆も幸せ感じるあたたかいデザインをご提案します。

【招待状を発送する前にしておくべきこと!】プランナーさんは教えてくれない、発送前の事前準備

 

招待状を出す前にしておくとよいこと

 

 

今回は、結婚式の招待状を発送する前にしておきたいことについて!

 

 

 

 

招待状を出す前にしておくこととは?

 

 

結婚式の招待状を発送する前にしておいた方がいいこと、ご存知ですか?

 

 

プランナーさんからアドバイスされることはあまりないことです…

 

 

なぜなら…

 

 

プランナーさんはお客さまのプライベートなことまでのアドバイスはしないからです…

 

 

できないといっても過言ではなく。

 

 

打ち合わせ時間は確認しないといけないこと、説明しないといけないことが詰まっていて。

 

 

とても経験のあるプランナーさんならあり得ますが…

 

 

つまりはある程度お歳がいっていないと、また実際にご自身が結婚式を経験していないとフォローは難しいことです。

 

 

それでは、知っておくと役に立つ、招待状発送の裏側をお話ししますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状を出す前に①

 

 

当たり前のことなのに早速招待状を発送してしまうこともあるのではないでしょうか…

 

 

まずは、

 

 

ご招待したいゲストに結婚式を行うことを報告しましょう!

 

 

まずお知らせをして、招待状をお送りします。

 

 

そのご報告の時に、ご祝辞や乾杯の発声、スピーチや受付のお願いなどをお伝えできていると◎です!

 

 

ご報告時にまだお願いすることを決められていない場合は、必ず招待状を発送する前に直接お願いしましょうね。

 

 

招待状を開封して初めて役目があることを知ることはないように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状を出す前に②

 

 

招待状は最近では挙式披露宴へのご招待、新郎新婦からのお知らせ、がほとんどです。

 

 

でも、親御様が結婚したころは、挙式は親族のみ、披露宴から来賓+親族が一般的でした。

 

 

また、結婚式は両家の結びつきという傾向が強く、差出人は親御様のことがほとんど。

 

 

おふたりのお名前での招待状をお考えの場合は、念の為、

 

 

ふたりの名前で招待状を出したいと思っているがそれでよいか、と確認しておく

 

 

こともおすすめです。

 

 

挙式は親族、披露宴から来賓を招く、ということが多かったため、現在もインターネットで掲載されている招待状文例は披露宴向のものばかりです。

 

 

披露宴への招待状+挙式案内というかんじ。

 

 

本当は挙式披露宴へのご招待状なのに…と「挙式・披露宴」の挨拶文をご用意しています(^ ^)

 

 

そのお話はまた招待状に必要となるものの回でご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状発送時期と返信期日

 

 

招待状の発送時期と返信期日については、「結婚式の招待状 発送日・返信日の決め方」で詳しくお話ししています。

 

 

招待状発送は、結婚式の2ヶ月前。

 

 

招待状返信期日は、結婚式の1ヶ月前です(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状は手渡しする?送る?

 

 

招待状は手渡しが理想です!

 

 

会えない方にはお送りしましょう(^ ^)

 

 

手渡しの場合も返信には切手を忘れずに貼ってくださいね!

 

 

対面でお渡しする場合はその場で開封してくださることもあると思うので、封は仮止め程度にしておくと良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親にも招待状は必要?

 

 

よくご質問を受けました。

 

 

まず、どんな結婚式かによりますよね。

 

 

親御様が主催(差出人)なら必要ありません。

 

 

おふたり主催なら?

 

 

もしも親御様をゲストと考えるような自立した結婚式であったとしても、何も伝えず進めたり報告なしに送ってしまうと、親御様は寂しい気持ちになるかも…

 

 

親御様こそVIPゲスト。

 

 

遠くにお住まいでも「みんなにこんな招待状を用意するよ」「これから出すよ」「みんなに出したから送るね!」と言葉を添えて。

 

 

近くにお住まいなら、報告を兼ねて手渡ししてはいかがでしょうか。

 

 

手渡しでは宛名を書くのも迷うところ。

 

 

例えば…

 

 

金銭面で援助をいただいたり、親御様のご意向も汲み取っていきたいなら宛名は書かず、実物をお渡しして報告。

 

 

ふたりで進めていくお話しになっているなら「私たち、お父さんお母さんもゲストと思ってゆっくりしてもらえる披露宴にしたいと思っているよ」と伝えて宛名あり。

 

 

など、育ててきてくれた親御様が喜んでくださる方法を考えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状発送前にも実は下準備がある

 

 

今回は実際に招待状を発送する前にしておくことについてお話ししました。

 

 

ウェディングプランナーだったとき、フォローに至れず悔しく感じていたことです。

 

 

踏み込んでお話しするのは勇気が要りました…

 

 

ご質問いただいたら答えられるけれど、相応しいかどうかわからないから積極的には話せなかったこと。

 

 

いま準備段階にある花嫁様の目に留まって参考にしていただけるととても嬉しいです。

 

 

_

 

お悩みごと、気軽にご相談ください*

 

CONTACT

 

 

 

 

 

 

 

 

Thank you.

 

wedding designer

なかむら なぎさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

ウェディングデザイナーが届けるオーダーメイドのペーパーアイテム | 歌の音

歌の音 – wedding design –

”ふたりのウェディングをデザインする”
をコンセプトに
結婚式・披露宴に必須な招待状や席次表
席札、メニュー表など
" あたたかさ "が伝わる
周りの皆も幸せにする
こだわりのアイテムを
オーダーメイドで作っています。

培った10年の
ウェディングプランナーの経験を活かし、
神戸を拠点に
迷える花嫁にとって頼りになる
ウェディングデザイナーとしても活動中。
結婚式のセカンドオピニオン、
トータルデザインもご提案しています。

name 歌の音 - wedding design -
address 〒657-0013 
兵庫県神戸市灘区六甲台町 12-21-404
business hours 10:00~17:00
closed 不定休
owner name なかむら なぎさ
E-mail info@utanone.com

コメントは受け付けていません。

特集